So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

Such a lovely place [4U]

jIMG_7810.jpg

そのエフェクターは電池を利用する。何を思ったのかドリルを使い電気シールドが通る穴をこしらえた。電源アダプターからの電流で安定性と利便性を図った。音質的にも優れているに違いない。そう考えたからだ。確かに力強い。それ故に歪ませる度合いの調整に難儀する。今回行ったリニューアルでその方式をもとへと戻した。思惑通りになる。その一方で次に繋いでいたオーバードライブでは物足りなさを感じ始める。お蔵入りをしていた国産のそれの復帰だ。Fenderアンプ側の音にも活気が戻る。実に好みの音への変身だ。しかも電池駆動へと変えたファズ側のGuitarAmplifierからの音質も理想の音質が聞こえてくる。流石著名ミュージシャンご使用goodsだ。高高国産と侮ってはいけない。とは言うもの最新アメリカ製Digitalディレイの素晴らしさには尻尾をまく。ただしその微調整設定には舌を巻くのだが。

これで欲するギターの音とは直ぐに出会える準備が整った。あとは打ち込むだけ。おい!何時からコンピューターを使って音楽シーンに台頭するようになったのさ。


すると忘れかけていた従兄からテレキャスターに壁紙張ってみましたとのphotoメールが届いた。ハイハイとの返信を行っても洒落とは受けとらない可能性が高そうだ。取り敢えずは一度見せてやって❣とのレスで今のところは事なきを得ている。そしてもしstudio入りを目論んでいるのならば喜んで参加する気はうすい。と言うのもあの子には男ができたと聴きだしたからだ。まあそれは別としてもあのキーボードインストラクターの方の身長の高さに仰天したのが大きい。
と言った訳でではまた、ありがとうございました。


nice!(3)  コメント(0) 

Such a lovely place [4U]

hIMG_7811.jpg

実はあれからまた、エフェクターボード内の変更を行った。当初は変わりなく使えていたのだがある日突然少し変調をきたしたからだ。と同時に今宵なく使っていたオーバードライブさえもがお蔵入りとなった。物足りなさを感じつつも使い続けていた。しかしようやくここに来て、重い腰を上げられた。と言うのもある一定のめどが立ったからだ。すると相当な音との出会いだ。電源アダプターの恩恵を受けられる。電気を使うものは全て電源が左右をするとまたも感じる。
因みに改造内容を大雑把に申せば、フランジャーとメモリーマンを置き換えたと同時にオーバードライブの変更と移動を行ったのだ。これには今までにない音質と安心感ももたらした。正しい電圧供給が大きく関与しているのだ。特に最新機種ともなればその電流量が大きい。よって付属電源に頼ざるを得ないのだが、それらが作る渦には一行の余地がある、音質への影響は間違いなくある。のだが、それが良いと仰られるのであれば何も申し上げません。

それで30分ほどは遊んだ。アンプ等もこなれてきた。そこでガンガン行こうかと脳裏をかすめるのだが、如何せんもう夕方?続きは来週としよう。惜しい、名残惜しい、だが明日がある。さあお片付け。
と言った訳でではまた、
ありがとうございました。

nice!(18)  コメント(0) 

Such a lovely place [4U]

gIMG_7812.jpg

ロベン・フォードさんがお上手との噂はかねがね聞いていた。しかもラリー・カールトンさんとのジャムセッションで初めて彼の力量を知る。確信した。
https://youtu.be/9TaY_4wc9JA?t=424

この様に知っていそうで知らない著名ミュージシャンは多い。四方八方へと手を伸ばし聞く気は少ない。情報源をラジオが大半を占める。デジタル化が進むと同時に権利関係までもが蔓延し始めるとさらにテレビを情報源とする事はなくなった。真の大阪商人はあざ笑わ笑っているに違いない。愚痴を意見と勘違いしている者たちを増加させたのが原因なのに。学校でその様な教育を受けていたのかしら。取り違いと考えねば。もしも会社組織内でこの様な発言行動を行えば即刻左遷、減給は免れない。意見できるポジションも無かったのだろうか。今後は愚痴をコントロールする者が実権を握るもののとなるに違いない。更にはメディアへもまたその再教育を促していく必要がある。

そんな折しも折、意見と称して不満を店員へと向かわせる客どもの暴言を規制する法律が機能するようなる。他の客にも不愉快なおもいをさせるだけに実に良い。熾烈な行為を続けてきた者へのその付けは大きい。

しかし何故今の日本のロックは、この手の内容を示唆した楽曲を発表できないのだろうか。jazz系へと益々走るのは否めない。更に申せばメディア購入は今後、途絶えたとしても不思議ではない。洋楽の価値観の増加には驚くばかりだ。と言った訳でではまた、
ありがとうございました。

nice!(15)  コメント(0) 

Such a lovely place [4U]

cIMG_7802.jpg

山下達郎氏のシングル?CD発売があるのを知ったのは随分と前だ。近日受けたmai内にもまた見つけた。ついついいきなりのalbum発売かと思う。販売価格を探る。ほぼ間違いはない。されどその前に購入ボタンがクリックされていた。違いを見つけようと必死だ。単純に申せば楽曲数が増えただけだ。映画のサントラに使うバージョン違いを聞く気はさらさらない。先行予約受付中だ。断るには今なら大丈夫なはず。

と言った訳でEric・JohnsonのnewAlbumだけに止めた。しかも今回は待望のnewAlbumだ。日本先行発売らしい。アルバムが安価なのも実に助かる。ところでボーナストラックと称してカラオケがあるのだろうか。コード進行を乗せてくれた方がありがたいのに。そんなことやってから音楽好きの者たちはジャズやクラッシックを聞き始めるのではないのでしょうか。

ところでテレキャスターを買っておきながら古のロックGuitarWristの音質に近づかないと嘆いたかと思えばギターが日本で作られたそれだから悪いのだ言うお方がいらっしゃる。だから何度も言うようにシールド

Amplifierが当時の作りとは全く異なっている!のに加えてあなたの腕はまあ置いといて、70年代から一線で活躍をしている現役musician皆さんがあの当時の音質との隔離に困っていると言ったでしょうに。何、人の話聞いてんだよ。もう始まったの、最近ご無沙汰なんでしょう,エッ?
と言った訳でではまた、ありがとうございました。

nice!(19)  コメント(0) 

Such a lovely place [4U]

dIMG_7802.jpg

はたと困った。写真を応募してくれとの中型郵便が届いたからだ。例年ならばそれを意図したphotoの用意は既にある。のだが、今回は丸っ切り全くない。それにも増して今更撮りに行く気などさらさらない。どないしましょう。

正しい電圧、電流供給を行える電源を使ったエフェクターからの音質は実に心地よい。中には電源の付属するそれらもあるのだが、それよりもいい感じだ。ノイズをキャンセリングする機能が更に優れているからに違いない。Eric・Johnson氏が使うそれは未だこの構造を持たないだろう。何故ならば近年の電源が他にも用意されているからだ。またエフェクターに付随するそれらは、電源コンセントへと直接に接続を行っていると確認を行ったいるからだ。彼の場合はレコーディング、Live用にと使い分けてきたが、その煩雑さのみならずコストの面からも今や一体化へと変わろうとしているのかも。

するとあのベスパまでもが電動へと突き進んでいた。日本の大手メーカーさんはいったい何やってんだろうか。
https://www.msn.com/ja-jp/autos/news/
と言った訳でではまた、ありがとうございました。

nice!(15)  コメント(0) 

Such a lovely place [4U]

eMG_7790.jpg

そのモール内には二件のたこ焼き屋がある。その一つは誰もが知るであろうチェーン店の一つだ。一方で別のテナントは従来から地元に存在していた。いわゆる従来から夜店と同じあれだ。タコの柔らかさではそのチェーン店にはかなわない。夜店のそれとは違い一個一個丁寧にタコ足は入っている。案外と評判は良かった。のだが、そのチェーン店の出店で思わぬ苦戦を強いらる。値段は抑えられたままでも客足が遠のいた感は否めなかった。ところが最近になってその大手チェーン店の味が落ちてきたように感じてきた。そこでついつい地元密着店の店先で並んでしまう。行列ができる店へと変わっていた。そこにはメニューの豊富さがある。タコ焼きばかりではない。たい焼きに焼きそば、そのバリエーションも豊富に取り揃えている。相乗効果だ。

はがき印刷を行った。難なく苦難を乗り越えた。最終チェックを行う。エッ?最後にプリントを行った筈のその一枚がない。追加が発動。エッ?何で今度は郵便番号を二度も印刷するの?また今度も。しゃーない、手書きか。字を習いに行こうかしら。否、綺麗な字ね!と愛想で言ってくれるし。その必要はないでしょう。ありがたく思えよ誠ちゃん。滅多に見れない直筆なんだぜ。そういや彼、今何弾いているのかな。相変わらずクラプトンさんかしら。何れにしてもGuitarを弾く方々の知り合いのその多くはBLUESRockばかり。ジャムセッションを今年暮れには行おうと先輩からのお誘いもございましたが、師走なのに何考えてんだか。

と言った訳でではまた、ありがとうございました。

nice!(24)  コメント(1) 

Such a lovely place [4U]

fMG_7787.jpg

so-netへのログインパスワードの変更を行った。以前と比べれば、手数の増加を知る。

年末恒例のハガキ作成を行うべくそのソフトを開いた。例年通りにExcelとWordの利用で宛名面作成を行い郵貯フリーソフト等の利用で文面印刷を行えばそれで終わりの筈だった。因みに文面は既に印刷を終えている。だがWordウィザードの起動が行えない。クローン作成による弊害なのだろうか。と、今思いつく。
あるページにはExcelデータをCSVでも正しく読み込む方法もアップされている。それを随分と前に試した覚えもある。この点では絶対ではないらしい、とのアンサーだけに放置していた。それが今ここに来て大鉈を振るう。コピペでハガキ作成ソフトも本領発揮だ。

ところで時折我がブログへ登場する日本人Musicianのその彼らの身長は意外にも低い。ステージ上の彼らからは面影は感じられない。上に立つとはこういう事なのだろう。亡くなられたプリンスさんもそうだったみたいだ。それがハンディとなっている場合があると言うか、見てくれは良くてもきっと何がしかの人にハイエナ側面を持った者こそがartistとして歴代まで語り継がれるのだろう。その点では私もその面は多々ある。のだが、作家としての確立は先ず無い。ふ~、
と言った訳でではまた、ありがとうございました。

nice!(22)  コメント(0) 

Such a lovely place [4U]

eMG_7796.jpg

大手通販サイトからの商品、ギター用エフェクター、が壊れた。大抵の場合は一週間を超すと泣き寝入りを見る、らしい。のだが、今回は数週間後でも保証を受けられた。そのページに一年間の保証だったと記憶をするが、定かではない。あやふやなだ。良い客との判断がこの結果を生んだのだろう。


上のphotoのそれ等は両面テープを使いボードの上へと乗せてあるだけだ。動く状態ではない。そして今も動かない。何故なら電源に不具合が二度も生じたからに他ならない。
最初は当方の手違いによる不具合かと対策を練った。ところが一向にその成果が実らない。そればかりかエフェクターそのものもまでもがおかしな動きを示す。繋いだ時に聞かせてくれたあの音は、幻と化してしまう。しかし最後の最後には電源の仕業だったと判明する。先にアップをしたが、代替え品のそれに至っては、繋いだ瞬間にその是非が判明する。まとめて送り返せてありがとう?これを機にRへとシフトしよう。人気商品が品薄なのは本来あるべき姿でしょうから。輸入販売専門業者と専門店の違いだろう。コストカットはユーザーにとって良い結果を生まないと身をもって知る。が、ついつい価格につられてしまう。ふ~、

と言った訳でではまた、ありがとうございました。



タグ: たつ Mon
nice!(26)  コメント(0) 

Such a lovely place [4U]

cIMG_7776.jpg

どうにかこうにか出来上がった。のだが、その写真は次の機会までお待ちください。
しかもその実行は未だだ。

所持するエフェクターの幾つかを売却したと以前にお伝えをした。そのすべては買い替え資金へと替わり、多少の利益さえも生まれた。筈だが、その実感には程遠い。口座間のやり取りだからである。正確な数字を割り出す気はまだない。一度使ったお金、プラスマイナスゼロでもその満足度は大きい。新たな望んでいた音質との出会いがそうさせる。

前回アップを行ったエフェクターボードphoto送信直後に完成したそれを矢継ぎ早に疎遠としていた従兄へとmailした。完成とのカキコに歓声とのレスだった。それを知り合いに見せた。粋な返答とその親父は言う。なんと申し上げてよいやら。続けてエフェクター高価買取について述べる。早速彼の所有物についての意見を求められた。実物は元よりメーカーさえも聞いていない。分かる分けねぇだろう!とは言うまい。と誓いつつも聞いてみたら?と語る。

この時にあたいが意気盛んな頃の音楽活動の様子を話す。ポジション的には常にリードギターだった。が、普段バンドで練習する際にはその楽曲のソロはオイシイ所だけを覚えるだけで後は気分だった。というか覚えられなかった。型にはまるのはRockではない、と言うか覚えられなかった。俗に言うお馬鹿さんだったのだろう。故に本番前の夜は必死だ。テスト勉強とのリンクだ。それでも本番に備えての指慣らしに過ぎなかったと回顧する。これが根源なのか一人でぐちゃぐちゃ遣っていても飽きないのかしら。
すると今日には壊れた電源AC/DCコンバーターが届くはず。保証付き製品で良かった。変にケチると後で泣き寝入りをするのは明白だ。アメリカ経済が絶好調なのは実に頼もしい。それは母国日本でもそうらしいのだが、実感を持つ者は数少ないのが実情だ。だがボチボチと暮らせているのだから否定するには及ばない。
と言った訳でではまた、ありがとうございました。

nice!(20)  コメント(0) 

Such a lovely place [4U]

jIMG_7775.jpg

今日は年に一度の一並びの日!
早いもので残すところ二ヵ月余りとなった。趣味的な要素への投資は控えるべき季節だろう。

さて、念願のエフェクターボードが完成の運びとなった。ご覧の様に配線そのものはまだだ。と言うのも常時接続状態が続いていたならばその差し込みプラグに止め処もない遊びが生じるからだ。実働時に初めて繋ぐのが正しい在り方なのだ。それがもし面倒ならば、ケーブルに直接はんだ付けを行えば楽は出来る。しかしその音質に違和感を覚えるだろう。良し悪しは別にして。そこで毎日弾くからとそのまま放置される方もいらっしゃるに違いない。またこれを嫌悪しマルチボードへと走る方も多いだろう。それが求めている音質であったならばこれ以上の事は何も申しません。が、少しでもあんな音が好き、こんな音を出したいと思っている方にはもの足りないのは事実ですから。それで安価なそれへと手を出しがちなのですが、プロとの違いをまざまざと感じ挫折する者が多いのも知っています。最初はオーバードライブ、ディストーションの類だけで十分なのです。私も当初始めたころにはオーバードライブとシールドを買うのが精一杯でしたから、持てませんでした。

上に並べてあるそれ等もここ数年かけて集めたモノです。中には現行品として未だ継続発売もされてはいますが、現在では入手困難な品もございます。アメリカ企業の場合は日本とは異なり追加受注生産は先ず無いと考えますから。それに今ではコンピューターを使って同じ様な音質を奏でますから。

これはEric・Johnson氏利用ペダル写真からも察せられる。抜いていたのだ。惜し気もなく¿各エフェクターから。だろう!自信が持てた。当然だよねー。モノ言うギターリストとしては。ウッ?

すると何だかgoodsへの思い入れがだんだんに薄らいでいく。実に喜ばしい。弾ける。これで安泰だ。
と言った訳でではまた、ありがとうございました。

タグ:POG Planet Wave
nice!(20)  コメント(0) 
前の10件 | -