So-net無料ブログ作成

Such a lovely place [4U]

cIMG_7386.jpg
 ご存知でしょう、MazdaとToyotaがタッグを組んだのを。前者は資金力不足。後者は無論、技術力不足が君臨する。一般的にはハイブリッド車開発能力を高くみるに違いない。だがその方々は既に退職されていると考えられる。それに加えてハイブリッド車へ利用をするモーター開発から頓挫した。F1ではエンジン以上の高速走行性能があったにも関わらず。何のためのF1参加だったのだろうか。そうしている間にも海外メーカー市販ハイブリッド車からは本来あるべき姿を知らしめられる。国産車の場合はモーターでの最高速度は40㎞/hまでなのに対し海外メーカーのそれは80km/hからがエンジンによる走行なのだ。都市部ラッシュ時であるならばその恩恵たるや多大だろう。が、地方での使い方を考えるならその恩恵たるや微々たるものとなる。寧ろ海外メーカーのそれを必要とする。
 とは以前にも申し述べた。それがここに来てイーパワーにその首位の座を奪われた。消費者とは実に正しい選択をする。5ナンバー乗用車にも拘らず実に乗り心地も柔らかで安定性も高く良く曲がる。その一方で高速走行を必要とするかの様な代表的な国産ハイブリッド車の足回りには閉口させられた。今もそうではない事を願うものの、現を抜かしMazdaと組むことで騎手改正を図ることを願わずにはいられない。二年後を待ちましょう。あくまでも二年後です。私の場合は。

 ところで渋谷さんの声が今までとは異なって聞こえた。寝ぼけまなこで聞いたとは言え。早速聞き直してみます。ではまた、ありがとうございました。

nice!(22)  コメント(0)