So-net無料ブログ作成
検索選択

煩い [お題!?!]

「何故か知っていましたが
今日初めてテレビで見るんだよ、ジョンって。それに今の解説じゃ

良い所の出みたいだし、音楽学校までも出ているらしいよ、彼って。これって

最近の音楽で食っている奴等の殆どがそうだとは思うよ…?」

「それでどういった感じの曲を演奏するの?」

「だ、か、ら、今日初めて聞くんだよ。そういえばせいちゃんが

上手い奴がいるとか言っていたよな。」

「あの殆ど大阪に近い京都に住んでいる、小太りのせいちゃん?」

「うん、そう。でも、小太りは否定したいな。」

「あら、そう。何かくれるかな、今度会ったら言ってみるわ。」

「それは良いかも。かもで思い出した。昔彼は加茂川の近くに住んでいたのね。関係ない?」

「・・・・・まあね、。」

「それでどれほどのお手並みかと今日は楽しみにしていたわけ。確かに…

ウォー、今ん所なんてまるでジミヘンじゃん!しかも譜面に書いたように正確だし

ヒェー、ここからはどっちかって言うとベック。ベックって言っても

JEFF BECKね。イギリスロンドンリバプールの出身で、

ヤードバーズって言うグループでクラプトンやジミー=ペイジやなんかと

オイ、聞いているか?寝るなよ、

寝ちゃ駄目だ、死んでしまう。救助隊は今直ぐそこまで来ているぞ、頑張れー」 

「はいはい、ところで
お上手なの、どうなの?」

「大変正確な指使いに度肝を抜かされているところでして

申し分、うーお、ここなんてまるでクラプトンじゃん。

ちょっとアタックが強めで若いかなって気もするけれど。」

「好きなのね、付いていけない。」
「そりゃ無理さ。こちとら苦節十数余年、雨の日も風邪の日もまたある時は…ウン!」

「はいはい分かりました。それより大事な話があるの。」

「赤飯でも炊くように言おうか?」

 

これでこの話はお終いです。また機会があれば、そのうちに。ありがとうございました。


nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

煩い [お題!?!]

「で、さあ、秋もそろそろ
深まってきたわけ。だからって秋らしい写真なんか撮れないの、分かる?

そこで花らしくない紫色した植物にキスする

蝶を撮ったのね。まっ、これがその中の一枚なのね、

でも君って前にA4サイズで見せた鴨の写真が欲しかったんだよね。

しかもこれはA3だし、蝶の写真が欲しいと仰られる方に渡すよ、

それとA3サイズの写真を二十枚以上プリントしたから

インクがなくてお困りなの。でもそれじゃ手ぶらで悪いから

昔、とは言っても最近ね、その用紙エプソンでしょう?

だからこれ貰ってくれるかな?」

「ちゃっと開けて見るわね?・・・・・・・・そうみたい。」

「それと昨日コンテストに出す写真を見せたよね。

その写真なんかとはほんのちょっとだけ仕上げが違うんだ。」

「本当全然違う、同じ写真なのに。何か遣ったわけ?」

「説明しても良いけれど、それだと気に入らない。だったら引き取りますよ。」

「いいわよ、全部を頂戴します。」

「ありがとう、だったらまだまだあるから持ってくれけれど

貰ってくれるかな?」

「良いわよ、じゃんじゃん持ってきて。部屋に飾るから。

ただし2L以下よ。」

こうして夜は更けていくが、大型プリントしか頭にはなかった。

何故なら、面白い様に仕上げられるからだ。

 

ところで付き合いだして、ここ一年位になるこの彼女は

写真について云々してくれる唯一の存在だ。であるからして、 おばさん的な要素は否めない。しかも年齢は不詳なだけに

なんとなくそれなりに感じ始めてもいた。

 

 久方ぶりにやっちゃんさんのお題で書き始めました。この続きは
  そのうちに?もう""なんて、したくはないと・・・、てか。


nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

ah,アー、マイクの [お題!?!]

「ねぇーってば…」
人差し指を上唇に当てながら、甘く切なく促した。

 今日から、ここ行徳での新生活を向かえる。何故なら、

就職先で指定されるアパートが、ここにあるからだ。すると

何処で聞きつけたのか、従妹の紀子が手伝いに来てくれる。

同じ町に住むだけに、ありとあらゆる買い物へも重宝する。

車を利用するが、その運転は全て彼女に任せていた。すると

今まで見せた事のない、その横顔に女を感じる。

そう、束ねられた髪が数本、頬を過ぎるからだ。

「お兄ちゃん、ここよここよ。

新生活セールとか言って、新聞広告に入っていたお店

ここだったら何でもあるわよ。広いからって

迷子にならないでね、呼び出しアナウンス・」

「だったら昔みたいに手をつないで・」

「ばーか、何言っているのよ、子供じゃないからね!」

「呼び出しアナウンスよりいいでしょう。」

こうしてその日の夜は、叔母の家でご馳走になる。

ところがアパートへ一人戻り、メールの

忘れていた、デスクトップPCは持って来なかったのだ。

部屋のスペーズもあるが、

出先での利用、私用をも含め、ノートパソコンを買う予定だったのだ。

神経質な割には、時々大きな失敗をする。

それでも候補だけは、決められていた。

今回SONYさんから発売された

VAIOは70cm位から落としても大丈夫らしい。これで決まりだった。

こう考えていたのに忘れるなんて

開いた口が塞がらない。

でもそこは一つ、また今度と言うことで

会社の帰りに、秋葉にでも寄りますか。そして

必ず今度こそGET!!!

 


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

飛んでいけ!! [お題!?!]

季節は冬。

それだけに日が落ちた空も

張り裂けんばかりに引き締まっていた。

暑さ寒さも彼岸までと言うが、それはまるでお子様に思える。

だって、今持つ全てのエネルギーを使ったかのようなその快感には

遠く及びもしないからだ、少しの不安とともに。

だからまだ何か一つ、気になるものがある・・・

それでも、こんな気持ちになれるなんて何時からかしら?どうしたってんだ。

今晩は祝杯、だよね。

酔いに任せるかの如く、

次に何を成すべきか、床へ就くまでその良い方策は見当たらない。

でも駄目であったとしても、きっかけは掴んだ。

そこで多少のリスクは承知で、洋楽CDのプレゼントを思い浮かぶ。

しかし最近の女性が好むそれは解せない。でも

ブログでお見かけした女性がNOEL、オアシスのカルトなファンみたいだ。

だからクリスマスの日には一つこれでも

と思いきや

所謂洋楽メジャーだからこそ持たない。

そこでその繋ぎに当初の目的であった

コリーヌのそれを渡すことにした。きっと気に入ってくれるだろう。

けれどもこの時はまだ

聞いて欲しい楽曲、アーティスト

異なる事に気付いては無かった。 


nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

飛んでいけ!! [お題!?!]

「どっちがおまけ?」
「A4の用紙に印刷されている花と蝶の写真!
 君の写真がメインに決まっているでしょ、Lサイズだけれど。
 だからおまけも堪能してやって!」
「どっちかって言うと私の写真、あまり欲しくは・・・」
「それにこの前、言っていたでしょう、花の写真が欲しいって。
 しかも蝶つき、だぜ!
 それにそれ、コンテストに出そうと思って北野君(仮名)に見せたのね、
 そしたら蝶が正面から撮れていないから残念って言われ諦めたの。
 自分的には物凄く、お気に入り!
 で、よろしければ、君の写真と一緒に収めて頂けませんか?」

 すると高橋(仮名)さんは仕方ないわねと言った風情で、さも嬉がらんと両手で抱えるかのように受け取っていた。まるで子供が初めてプレゼントを受け取ったかのように。そして円らな瞳が輝かせ、リズミカルに店の奥の従業員控え室へ消えていた。かと思うと直ぐにカウンター越しに立ちはだかりながら、また何かを強請(ねだ)るかのようにもどかしげにいた。
 たぶんこれは、残された幾枚かの写真が気になったからに違いない。でもこれは岩佐(仮名)さんに渡したく、今までと違った仕上げに躊躇してたのだ、高橋への公開は。それでも誰彼となく見て欲しくもあり、意見を頂だいしたくもあったが彼女の一言でそれは無き物とした。

「私、 渡しといてあげる、岩佐さんに!」

 何かこの自身ありげな態度に手渡したいという欲求が入り混じり

「直接渡すから、だってこの前も
 別の写真が欲しいって言ってたし…」
 こう述べると高橋は
「ありがとうございます、ではまた。」とだけを残し
 足早に来客の応対へと勤(いそ)しみ出すのだった。

 間髪入れずに店長は立っていた。すると彼へはアプリケーションソフトのトーンカーブ等を使い、こんな写真が出来ましたよ!これならお店プリントに勝てますよね!と誇らしげに語りながら岩佐さんの出欠をも聞いていた。すると生憎お休みらしく帰り支度を始めれば、その奥から一人の奴が現れてた来た。

「土曜にまた来てください。」

 とだけ言い残し、そいつは外へと繋がる扉を開け出て行くのだ。その勢いに乗じその後を辿ればひんやりと日は暮れていた。

「冷たい・・・かな、俺の態度、どうした良いのだろう。
 このあやふやな気持ちのままじゃ・・・
 どうしよう・・このままじゃ、元のモクヤミ?」


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

看護師1 [お題!?!]

 「それで痛みはどの辺りに感じられますか?」
「肘、肩、足首、それと右半身、特に腰の上辺りからです。」

 簡単な問診を後に、レントゲン室へ撮影と向かう。その廊下は電灯が切られ見る人影もなく、薄暗く白衣を追いかけていた。そして直ぐに撮影は行われるが、そこにも女性だった。社会進出の著しさは目を見張るばかりだが、安心をもさせれる反面、ボタンを押すだけとは言え少しだけの疑心を感じさせられる。だが触れられた時の感触は好きですから、喜ばしい事実でしょう。

 するとベッドが寝かされている直ぐ脇のデスクで、問診表なるものを書かされていた。書き終えて周りを見渡すと、離れた隣に置かれるベッドで点滴注射を受けている。お大事に、と声をかけるのが憚れてると診察室からお呼びがかかった。

「骨に異常は見当たりません。それでも危惧されている症状がご心配なら、
 明日にでもいらして精密検査を受けて・・・」 

 とは言うものの、目の前にモニターとして縦方向で使われるNANAOのモニターに釘付けだった。そして型番の確認に終始すると痛みも薄らぎ感じられていた。
 痛み止め、それには必要不可欠らしい胃薬、そして湿布を一週間分だけ、遊技場の直ぐ側にある外灯のない景品交換所みたいな小さな窓から受け取りその場を後にしてた。

 昨晩よりは覚醒されたものの、痛みはさらに感じられていた。そこで相手側への一報がタクシーの利用を勧められる。そこで彼等も保険会社への連絡を了承したと判断をするが、人身事故にするつもりはなかったらしい。

 通院にタクシー使うのは始めてである。しかもタダだから、殿様気分でご満悦だ。それでも領収書を忘れずに頂くと、さらなる気分の高なりは感じていた。

「肘から肩、特に肩が酷く痛いのと以前に受けた手術箇所である足、膝が痛いので診ていただきに来ました、よろしくお願いします。」

 それでも異常は見受けられずに事なきを得るが、痛みはむしろさらに感じられる。
 あったま来た!こうなりゃ取れるだけ取ってやる、しかしここは冷静に、慌てた様子では足元を見られてしまう。だからこちらからは決して連絡をしない、とらない。でも警察へは一報だけでもとも思いきや、受話器は受けられていた。

「それでお体は大丈夫ですか?人身にされますか。」と聞かれ、
「そのようにお願いします。」
「でしたら今度の診察で診断書を頂き、それを持って署へ来てください。
 その時は必ず、七班への電話連絡後にお願いします。」

 これで一気に情勢が好い方に傾き始めると、気分だけは落ち着きを取り戻した。すると日も落ちた次の日の夕刻過ぎに、外来者を伝える呼び出し音が響いた。夕飯前だっただけに、さらに足取りは重く感じる。

「このたびは大変申し訳ございません。私、この子の父親でして、話を聞かされこうして来させていただいたのです。お体の方は大丈夫でしょか。お母様とはPTAの会合等でよく知っているんですよ。それとこれ、詰まんない物ですけれどお受け取りください。」
「すみませんでした、助手席に乗せていた犬が吠えて気になりまして、
 本当にすみませんでした。」

 今頃になって来て、それだけかよ!お前は看護師って聞いてるよ。だから治療のお手伝いだけで、人の痛みはほったらかしかよ。

と言った所でコラボを終わります。尚あれからディバイスであるモデムの認識が拒否され、またもや再セットアップをしていたとご報告させていただきます。よしなに。尚その理由はウィルス対策ソフトらしい?

 


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

看護師1 [お題!?!]

 日も暮れ始めた日曜の夕刻前だった。近所にあるスーパーまで自転車を使い出かけた。幹線道路を渡り、次に見える小さな交差点を横切ろうとする。そこへ一旦停止のラインが引かれている車線にも拘らず、無視する軽乗用車が突っ込んできた。危うく跳ね飛ばされそうにもなるが、怪我なく過ぎ去っていた。
「軽のくせしてあぶねぇな!もし、あんな奴にぶつけられても
 取れるもんもとれねぇじゃねえか、ラッキー!」

 スーパーの入り口は幹線道路沿いにある。それ故に歩道は整備がなされている。そしてわき道から鎖が開けられた入り口までの距離は三メートル程だ。漕ぐ扱ぐ足を休め、左足は蹴り出せる位置へ、右足は軽く体重を乗せた状態を保ちつつ、肩からのコーナーを目指し息を撫で下ろそうとした。その瞬間に後ろからフワッとすくわれる感覚と同時に蹴り倒され、右肩へは大変な圧力とガラス越しに女の顔があった。それでもバランスは保たれたままで、車のまん前に何事もなく立立ちはだかっていた。状況は互いにまだ掴めてなく、冷静さは装いつつも電話番号と名前、住所それと勤務先を聞かねばならないと運転席を睨むのが精々で竦んだままだった。すると携帯電話を取り出し、話し始めるではないか、謝ることもなしに。謝れよ馬鹿、救急車、警察を呼ぶのは後にしろ。

 警察を呼んでの事故処理後に、連絡先だけは互いに交換をしてた。重い肩ではあったが、それでも目的の品だけは買い、家路へと付き休んでいた。するとあの時もそうであった様に、当事者でない旦那がいわゆる気遣いの電話をよこす。すると加速するかのように、右半身全部が酷い痛みに襲われ始める。でも救急車を呼ぶには至らず床へと就くが、その痛みで目は覚まされた。明けるのを待ち、不自由な手でのプッシュはあの旦那と車を呼び出し、近所のコンビニまで迎えに来させた。

 この日は旗日だっただけに、選べる病院は数少ない。それ故に待合室は大賑わいの大繁盛であった。しかも救急車は引っ切り無しだ。すると相手側の主人が話しかけてきた。
 すると彼は近所に住んでいただけに小学、中学と同じ学校で話題に事欠きそうもなかった。しかし部活動でも、ましてや教職員までも共通部分は見出せなかった。すると中学では野球は選ばずにもっぱら帰宅をしてたが、高校では野球部で活動を始めたと言う。そして選抜野球大会へも出場をするが、一回戦すら突破したことはないらしい。そして甲子園へ行ける選抜チームは皆、体が一回り、二回り大きいと嘆いてはいた。そしてこんな事までも言い始めた。

「自転車は歩行者と違って車両だから、車とぶつかっても罪は同じなんだ。それと高校生の時だけど、車の間を抜いて自転車が走っててね、それでドアが開いてぶつけたらしく、足を擦り剥いた程度で帰ったらしいよ。」

 この時に彼が何を言わんとしているのかは皆目掴めなかった。そう、あまりの待ち時間の長さとその痛みを紛らわせる一つの手段でしかなったからだ。

                            


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

あいたくて [お題!?!]

「お盆に相手を紹介してくれるって、みっちんが。 看護婦さんらしいよ、県立病院の。」
か、看護婦!それは今までに何人も知っている。
確かにある部分興奮もさせられるが
だからと言って大方の素性は知っている、が故になんとしてでも避けたい。
毎日毎日本当に大変ですから、彼女、彼等のお仕事って。

でも何でこの話を受けたのであろうか?たぶん父も知っているであろうに
お付き合いしている女性がいる事を。
ただ武は酒盛りの席で勢い余って口を滑らせお願いしたとも考えられるが、
彼女清海をあまりよく思っていないのかも。

 

14日の晩には父の住む田舎の家まで車を走らせていた。
すると姉夫婦とその子供達は、庭先での焼肉で宴を始めんとしている。
取り敢えず着替えを入れたバッグ玄関先に置き
空いていた席に着くと簡単な挨拶を交わすのだった。

「お久しぶりです!どうですか最近は?」
「マッ、ぼちぼちですわ。それより、まっ、一杯」
「どうもどうもどうも、ところでもう焼けてます?」
「こっちの方だったら大丈夫みたいよ。」

そして用意されていた食材もほぼ食べつくし
簡単な後始末をすれば、家の中で止め処もない話は続けられていた。
でも身をどこかへ隠していたように思われた父が急に現れ
「みっちゃんが会いたいって」
とだけ言えば、また急に姿は見えなくなった。

心の内は決まっている。だから怖いものは僕の気持ちだけ。
だからはっきりとお断りするつもりだが、問題はタイミングだ。

「お邪魔しまーす!」
「オッ、よーく来た、汚い所だけれだ入ってくれ。」

「それから君はこれからどうするつもりなの?
 きっとそれは考えていると思うから、何も言わないけれど・・・」
「それとだな、家をどうして行くつもり?」
 ほーら来た。ここまで来るのにどれだけ時間を費やせば気が済むの。
 こちとらほろ酔い気分で早く寝たいんだよ。おおバカもんが!

「その話でしたなら今お付き合いしている彼女と話しまして」
「いーや、よく分かった。会うだけ、会うだけでいいから
 一度だけ会えよ、なっ、いいだろう。」
 ここまで来るとさすがに僕も堪忍袋の緒が切れた。
「お気遣いありがとうございます。でもそのお話は
 断らせていただけます、ありがとうございました!」

これだけを言い残し、そこを直ぐに飛び出ると時計の針は11時を回ろうとしている。しかもほろ酔い気分が醒めた今、彼女を思う気持ちが抑えられなくると海の近くに住む家を目指していた。


nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

打ち上げ花火 [お題!?!]


「すっげー!ここからだと良く見えるよ」
「あっ、本当だ。ここだったら見に行かなくても大丈夫だよね」

わざわざ撮影に出かけるのを好ましく思わないながらも
カメラスタンドは用意され、いつでも出かけられる状態だった。
さらに言わせていただければ
セッティングさえもその時ように施していた。

これを聞かされ、拍車がかかるれば
「ちょっと出て来る!」
玄関を後にする輩が見受けれた。
するとさらに奥のに佇む人達が
「わー!きれい、ここからでも十分よね、べつに行かなくても好いよねー」
とか何とか言ってはいるが、
あのガキ達はより近いマンションの階段踊り場で見ているはず。
でもだけど、不法侵入の罪に問われ
お縄ちょうだいとは考え物。そこで一思案する事しばし
思いついたのだ!コンビニだ。
だって何でも揃っているでしょう?


歩いて数分後にそこへ到着をする。
「こっち、こっち、ここからだと本当に良く見えますよー」
カメラを抱えていたからであろうか
見ず知らずの女性が悦ばしげに手招きをしてくれる。
お礼を言うつもりで小走りに近づくと
僕の後ろから追い抜いていく小さな女の子がいる。

オー、なんて愚かな態度、自信過剰も程ほどにしなくては?


多少の羞恥心を感じるままに
入り口近くから、より近い道路の端への移動後に撮影は再開された。


すると先日の偵察飛行で爆撃が行われているかのごとく
低空からの閃光が走るではないか。
危険だ、このままでは人類存続の危機、滅亡、いやもしや・・・
と思わさせられたが普通の打ち上げ花火で一安心させれる

と思いきや、大爆発でその様相は呈した。

 
注)季節は今日から秋。それもあり?昨晩花火大会が
  行われたのです。でも日記とするには
  考えさせられノベルを選ばさせていただきました。
  朝晩はめっきり冷えるようになりますから
  お体にはお気をつけください。


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

危険!!! [お題!?!]


今ではすっかり、あの日の勢いが失せた黄色の花びらだった。
でも今そこへ、ひたひたと近づきつつある一匹の虫君がいた。
今考えると何故魅力を感じたのかは分からない。
でもきっとそれは、彼の考え、行動全てを
ブラックホールのように受けためてくれるであろうと考えたからだ。
そして何時しか線香花火を二人は摘んで
交わす言葉も少ないまま、いるのもいいと思っていた。

そんなある日の事だった。

今が食べごろで、美しくて綺麗なアストリメリアの蜜をハチは吸っていた。
これを見せつけられるとこれが尋常と思え
自分と同じ色をした花びらへ、すがり付く様にした。

でもその日の夜はまだ梅雨であっただけに
打ち上げ花火がこのビラを照らすことは無かった。
また心の奥底から、どこかで違うとも感じてはいた。


当初日記を書く予定でしたが、
 今月のお題を写真とお話?へ変更いたしました。
 楽しんでいただけたでしょうか?


nice!(6)  コメント(10) 
共通テーマ:GBA2005ノベル